BLOG ブログ

コーキングの耐用年数2019.09.04

pics2762

皆様、こんばんは!

今日は、呉のお店の雨漏りを調査に行きました。

先日の大雨の日、お店に入ってすぐ正面のサッシ上部から水がつたって落ち

すぐ下のベンチと床がビチョビチョになったとのこと…

調査したところ、同サッシの外部面・上部にコーキングのひび割れを発見!

あ、これだな。(どや顔)

コーキング補修をしました。

基本的に、コーキングの寿命は5~10年で、打替え時期として約10年とされています。

コーキングは防水効果はもちろんですが、外壁材が受けるダメージのクッション材としての役割も持っているので

劣化が激しく、早ければ4~5年でダメになることもあります。

雨が多かったり、湿気が多かったり、立地や地域によって耐用年数も変わってくるでしょう。

あなたのお店はどうでしょうか?

 

ということで、本日はこのあたりで・・・

でわっ!

 

p.s. コーキングとは、外壁材の継ぎ目やサッシ・ガラス廻りなどに気密性・防水性を目的として充填されている

ゴムみたいな素材のもののことです。